MENU

今冬のインフルエンザワクチンについて

厚生労働省ウェブサイトはこちら

新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザフクチンの需要が高まる可能性があることから、今般、厚生労働省より各都道府県等衛生主管部(局)宛別添の事務連絡がなされましたのでご連絡申し上げます。

本件は、インフルエンザフクチンの定期接種対象者や接種が強く推奨されている方々が接種を希望される場合に、その機会を逸することのないよう、

①定期接種対象者(65歳以上の方等)は10月1日から接種を行い、それ以外の方は10月26日まで接種をお待ちいただくこと

10月26日以降は、特に、医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する者、妊婦、乳幼児(生後6ヶ月以上)から小学校低学年(2年生)までの方々は接種できる旨、接種の時期について協力の呼びかけを行うものであります。


なお、呼びかけは、対象者は必ず接種しなければならないものではなく、また、対象者以外の方の接種を妨げるものではないとしております。