MENU

人工の「骨ネジ」 島根大など開発 手術後の患者負担軽減に期待

NHKのホームページからの記事のシェアです。
折れた骨を固定するための「骨ネジ」の開発を進めている島根大学医学部などが参加する産学官連携のグループが、強度を増した人工の新しい骨ネジを開発し、手術後の患者の負担軽減につながることが期待されています。
以下をクリックしてぜひ、詳細をご覧いただければと思います。