MENU

歯周病とガン・アルツハイマー病

歯周病がただ単に口の中の病気でなく、全身の病気の発生に強く関与していることは既にお知らせしてきましたが、歯周病が全身に及ぼす障害は大きく分けると2つあります。

1つ目は歯周病がガンの発生リスクを高めること。歯周病によって歯にダメージが起きて咀嚼力(食べ物を噛んで細くする) が低下し、栄養の摂取が障害されます。さらに歯周病菌が血液の中に入り込み全身にまわると、糖尿病、高血圧、脳血管疾患、心疾患などの発症リスクが高くなります。それは歯周病菌は細胞内に入り込む能力が高いため動脈の細胞内に侵入し、慢性炎症を起こすからです。動脈に慢性炎症があると、炎症性物質が放出されてますます慢性炎症が拡大し、動脈硬化が進行するのです。この様な機序によって糖尿病などが発生しやすくなりますが、 最近の研究によると、何とがんの発生にも歯周病菌が影響していることが判明しました。

今まで、がんは遺伝子の突然変異によって発生すると考えられていましたが、慢性炎症は遺伝子に影響してがん抑制因子の作用を抑え、細胞をがん化する事が明らかになりました。従って、歯周病菌が血液によって全身の臓器に運ばれて慢性炎症を起こすと、遺伝子の変化が誘発されてがんが発生しやすくなります。がんの中でも予後の悪いことで知られる膵臓癌は、歯周病菌を持っている人では発生リスクが1.6から2.2倍も高いと報告されています。

 

2つ目は、歯周病はアルツハイマー型認知症にも歯周病が関与しています。歯周病菌が脳の中に入り込みアミロイドβの沈着を促すため、アルツハイマー型認知症の発生率が高まります。アルツハイマー型認知症で亡くなった10人を検証したところ、4人で は脳から歯周病菌の毒素が検出されました。このように歯周病菌により発症する歯周病は 咀嚼力を低下させ健康長寿を短くするだけでなく、がんや認知症の発症に関与しています。

 

各種の検査によって重要な病気を早期に発見することは重要ですが、口腔内のケアー により歯周病の発生を予防すると、がんや認知症の発生リスクまで減少する事が示唆されており、定期的な歯科でのケアーをお勧めします。