院長より

歯周病の治療が、大腸がんの病態に良い影響を

横浜市立大学webサイト発の記事になります。
大腸がんの発がんや進行に関連しているとされるフソバクテリウム・ヌクレアタム(Fusobacterium nucleatum)という細菌が、歯周病*1の治療により便中から減少することを臨床研究において明らかにしました。
歯周病の治療、口腔内を清潔に保つこと、とても大切なことだと再認識できるかと思います。
ぜひ、ご覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。